Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

新コロンボ計画

New Colombo Plan logo

Click here to access the English site  (DFAT)

 

 

新コロンボ計画について

新コロンボ計画はオーストラリア政府による重点的な取り組みのひとつであり、地域で学ぶオーストラリア人学生の留学やインターシップへの支援を通じて、インド太平洋地域についての造詣を深めることを目的としています。

新コロンボ計画は革新的変化を実現し、オーストラリアの地域との関係を強化すると共に、アジアに精通した未来の人材をより多く輩出するのを目標としています。 オーストラリア政府は、オーストラリア人学生にとってインド太平洋地域への留学がやがては当然のものとなり、オーストラリアの地域全体で高く評価される営みになって欲しいと考えています。

現在まで、西のインドから、北はモンゴル、東はクック諸島までと、計32カ国・地域での留学やインターンシップを支援しています。

新コロンボ計画は、2014年、4カ国・地域で試験的に始まり、奨学生40名と交付金受給生1,300名以上が留学や就業を体験しました。この成功を基に翌年、範囲はインド太平洋地域全体へと拡大し、現在は奨学生68名及び交付金受給生3,100名以上が学んでいます。2016年には奨学生の数は約100名、交付金受給生は5,450名以上と、より多くの学生が留学や就業を体験します。立ち上げからわずか3年で1万人以上の学生が支援を受ける計算になります。

なお、新コロンボ計画のパトロンには、ピーター・コスグローブ連邦総督が就任しています。

印刷用のファクトシートはこちら: 新コロンボ計画 [PDF 333 KB]

 

ビジネスプラン(産業・企業向け)

新コロンボ計画は政府と大学、民間部門が力を合わせ、次世代のオーストラリアの若者に、インド太平洋地域で生活や学業、就業を直接体験してもらおうという取り組みです。

本プログラムでは、地域で正規の学業を補完できるような、中身の充実した関連就業体験の機会が学生に提供されており、その中心的役割を企業が担っています。新コロンボ計画事務局では、プログラムに参加したい企業の皆様によるお問い合わせを歓迎しています。

本プログラムの目玉となっているのが、インターンシップやメンターシップ、実習機会の提供です。これにより、学生は実際の職場環境で技能を試し、異文化体験を積むと共に、生涯続くかもしれない人脈を形成することができます。 

詳しい内容、あるいは新コロンボ計画参加学生の受入れにご興味のある方は、こちらをご参照ください。

よくある質問については、こちらをご参照ください。

 

お問い合わせ

日豪両政府や大学、企業間の緊密なパートナーシップは、新コロンボ計画の実施を支援します。

本計画におけるインターンシップ、メンターシップの受入れにご興味のある方は、在日オーストラリア大使館あるいは新コロンボ計画事務局(英語)までお問い合わせ下さい。

オーストラリア大使館
新コロンボ計画担当:
Email: ncp.tokyo@dfat.gov.au

お問い合わせ(英語)
本国 新コロンボ計画事務局(英語)
Email: ncp.business@dfat.gov.au