Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

学生ガーディアンビザ (サブクラス 590)

1. このビザについて

2. このビザで出来ること

3. 申請方法

 

このビザについて

学生ガーディアンビザ(サブクラス590)は、18歳未満の学生ビザ申請者(または保持者)の21歳以上の親・法的後見人・親族が、オーストラリアで保護者として学生と滞在するためのビザです。

内務省のウェブサイトから、必要書類及び証明書類の条件について詳細をご確認下さい。
* 参照: 学生ガーディアン (サブクラス590)

 

このビザで出来ること

ビザが発給された場合: 

  • 就労は一切出来ません
  • 対象となる学生ビザ保持者のビザ有効期限まで、もしくは学生ビザ保持者が18歳になるまでの、いずれか短い期限までオーストラリアに滞在することが出来ます
  • 一人以上の学生を面倒見ることが出来ます
  • English Language Intensive Course for Overseas Students (ELICOS)を週20時間まで修学することが出来ます
  • ELICOS以外のコースでは、最長3ヶ月まで修学することが出来ます

 

私の配偶者をオーストラリアに同行させることは可能ですか?

  • 学生に対し、一人の学生ガーディアンが基本となっています。学生ガーディアンの配偶者が、自分の配偶者(学生ガーディアンビザ保持者)を訪問したい場合は、他のビザをご検討ください。ビザファインダーをご参照ください。

 

子供を帯同する場合

6歳未満のお子様が以下の条件を満たす場合、極限られた状況においてのみ学生ガーディアンビザの対象となることがあります:

  • やむを得ない特別な理由があること
  • ビザが発給されることにより、オーストラリア政府及び他国の政府との関係に大きな利益をもたらす場合。この場合、少なくとも学生ガーディアンは21歳以上でなければなりません。また、親もしくは親権保持者が、書面でその学生をサポートしなければなりません。


オーストラリア滞在中、子供は学生ガーディアンビザ申請者と同じ健康条件を満たし、有効な健康保険を保持していなければなりません。

6歳以上の子供は学生ガーディアンと一緒に渡航出来ますが、6歳以上の子供は、必ず個別に学生ビザを取得していただく必要があります。


詳細に関しては内務省のウェブサイトからご確認下さい。
* 参照: 学生ガーディアンビザ (サブクラス 590)

 

申請方法