Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

トランジット ビザ (サブクラス 771)

1. このビザについて

2. このビザでどのようなことが出来ますか?

3. 申請方法

 

 

このビザについて

トランジット ビザ (サブクラス 771) とは、以下の目的でオーストラリアを経由する際に必要なビザです。

  • オーストラリア以外の国への渡航
  • 船員としてオーストラリアから乗船

 

日本のパスポート保持者及び特定の国のパスポート保持者は、最長8時間までビザ無しでの乗り継ぎが可能です。この詳細についてはオーストラリア内務省のウェブサイトからご確認下さい。
参照: オーストラリアでの乗り継ぎにビザは必要ですか?

注記: ETA (Electronic Travel Authority) 申請対象国のパスポートをお持ちで、船員としてオーストラリアから船員として乗船する場合、ETAでオーストラリアへの渡航が可能です。
参照: Electronic Travel Authority (ETA)

 

 

このビザで出来ること

トランジット ビザ (サブクラス 771)では以下のことが出来ます:

  • 船員として他の国へ渡航するためにオーストラリアを経由、またはオーストラリアから乗
  • 最長72時間までオーストラリアに滞在

 

下記の目的では、このビザ は該当しません。

  • 観光目的 (観光、娯楽、家族・友人訪問) 及び
  • 商用公用目的

 

上記の渡航目的の場合は、訪問ビザ (サブクラス 600)、ETAまたはeVisitor ビザをご検討下さい。
参照: 訪問ビザ (サブクラス 600)
参照: Electronic Travel Authority (ETA)
参照: eVisitor (サブクラス 651)

 

訪問ビザでは、就労、オーストラリア国内の企業・団体に対する労務の提供、製品・サービスの販売が禁じられています。

オーストラリア国籍保持者・永住者が遂行出来ない、高度な技術を要する、ごく短期間に限った業務を行う場合はテンポラリーワーク(短期特定活動) ビザ (サブクラス 400)をご検討下さい。
参照: テンポラリーワーク(短期特定活動) ビザ (サブクラス 400)

オーストラリア海港に停泊している海洋船にて、3ヶ月以内の高度な技術を要する業務を行う場合も、このビザは該当しません。オーストラリア国籍保持者・永住者が遂行出来ない、高度な技術を要する、ごく短期間に限った業務を行う場合はテンポラリーワーク(短期特定活動) ビザ (サブクラス 400)をご検討下さい。
参照: テンポラリーワーク(短期特定活動) ビザ (サブクラス 400)

 

 

申請方法