Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

緊急審査が必要な場合について

緊急審査が必要な場合について
ビザ課では、短期滞在タイプの、早急なビザ審査を希望する依頼が毎日数多く入っております。残念ながら、これらの依頼の多くは事前に余裕をもって申請予定を組んでいらっしゃらないものが多く見受けられます。

日数に余裕をもってビザ申請をして下さった方々に対し公平性を確保するため、短期滞在タイプのビザ審査にあたり、緊急審査の対象となる基準を下記に記載しましたのでお読み下さい。

緊急審査の対象となる場合
ビザ課では以下のケースが「緊急審査」に該当します:

  • やむを得ない理由があり、どうしてもオーストラリアへ渡航しなければならない場合
    • 例:オーストラリアで家族が交通事故に遭い、その日の午後には申請者がオーストラリアへ渡航しなければならない場合
  • オーストラリアの利害関係に関わる場合
    • 例: 日本・韓国政府の代表がオーストラリア政府の代表との会合を行うためにビザが必要な場合

緊急審査の対象とされない場合
計画性の欠如等により、十分な余裕をもたずに申請を行った場合は、残念ながら緊急審査の対象外となります。私どもは、余裕をもってビザ申請を行ったお客様の審査をさせていただいております。結婚式やお子様の出産など、たとえ人生における大切な出来事であっても、余裕をもって申請を行わなかった場合も緊急審査の対象外となりますのでご了承下さい。

 

Last updated 12/10/2016