Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

ビザのキャンセルについて

テンポラリーレジデントビザのキャンセルについて

テンポラリーレジデントビザには、学生ビザ、ワーキングホリデービザ、テンポラリーワーク(Skilled)ビザ等が含まれます。


スーパーアニュエーション(退職年金)の受給資格を得るため、または、その他の目的によるビザのキャンセルについて 

テンポラリーレジデントビザをImmiAccountからオンライン申請した方は、スーパーアニュエーション(退職年金)の受給資格を得るため、またはその他の目的により、そのテンポラリーレジデントビザをキャンセルご希望の場合、ImmiAccountよりキャンセルのリクエストをしなければなりません。

方法:

  • ImmiAccountにログインする(https://online.immi.gov.au/ola/app
  • My application summaryをクリックして、 TRN番号で検索する
  • Update usをクリックして、Request to cancel a temporary resident visaのリンクを使う

 

テンポラリービザのキャンセルをリクエストする前に、次の点にご注意ください。 

  • 次のビザを申請する予定がある場合は、今有効な一時居住タイプのビザをキャンセルする必要はありません。ETA以外の新しいビザが発給されると、通常、それまで有効だったビザは新しいビザが発給された時点で失効します。
  • 修学コースを途中で辞めた・延期した場合は、学生ビザをキャンセルする必要はありません。コースを途中で辞めた・延期した旨を教育機関に連絡したのであれば、学生ビザが失効するまでそのままにしても問題ありません。
  • ETA申請のために学生ビザをキャンセルご希望の場合、ETAを申請する代わりに訪問ビザ (サブクラス 600)を申請することが出来ます。訪問ビザ(サブクラス600)が発給したら、自動的に学生ビザを失効します。
    参照: 訪問ビザ (サブクラス 600)

 

Permanent Resident ビザのキャンセルについて

オーストラリア永住保持者はビザのキャンセル依頼を行うことが出来ません。