Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

オーストラリア現代文学傑作選

 

「単一民族・単一文化」の白豪主義から、多文化・多民族の現実に目を向け、「差異」のアイデンティティへの転換をはかったオーストラリア。先住民や世界各地からの移民と共存する社会を目指す動きは、多様な背景に彩られた、豊穣な文学的成果にいま結実しつつあります。「オーストラリア現代文学傑作選」は、オーストラリアに出自をもつ、あるいは同国で活動する同時代の作家の文学作品を、10年をかけて1年1作のペースで紹介していくシリーズで、豪日交流基金によって助成を受けています。

本傑作選は以下の目的をもって刊行されます:

  • 国際的には高い評価を受けながら、日本では紹介されていない同時代の作家を紹介する

  •  文化的な背景やルーツが多様な作家による作品の刊行を通して、オーストラリア社会を多面的に紹介する

  •  出版を通じて、日豪の相互理解・交流を促進する

 

2015年 「闇の河」 ケイト・グレンヴィル

2015年12月31日- 一谷智子・訳

オーストラリア現代文学傑作選 第4巻。新たな生を希求して「未開」の入植地に移り住んだ一家と、その地で永く生を営んできた先住民との邂逅。建国神話の奥に潜む闇(シークレット)を上質な小説にしたてあげた、オーストラリア文学史上屈指の国民的ベストセラー。

詳しくはこちら

 

 

 


2014年 「スラップ」 クリストス・チョルカス

2014年12月24日- 湊圭史・訳

オーストラリア現代文学傑作選 第3巻 『スラップ』 著者クリストス・チョルカス 刊行を記念し、来日しました。『スラップ』執筆の背景と多文化・多民族社会で文学が果している役割についてお話いただきました。刊行記念会のほかに、対談や講演に参加しました。

詳しくはこちら

 

 

 

 

2013年 「ブレス」 ティム・ウィントン

2013年12月− 佐和田敬司・訳

オーストラリア屈指の人気作家ティム・ウィントンの代表作『ブレス』がオーストラリア現代文学傑作選第2巻として出版。著者自らの少年時代に重ねあわせて綴ったサーフィンに賭ける青春。

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

2012年 「異境」 デイビッド・マルーフ

2012年2月29日−武舎るみ・訳

オーストラリア現代文学の傑作のひとつとして名高いデイビッド・マルーフ氏の著書『Remembering Babylon』の日本語翻訳版『異境』が出版されました。

『異境』は株式会社現代企画室が、豪日交流基金の助成を受け、オーストラリア現代文学傑作選の第一弾として出版したものです。2012年2月28日、ブルース・ミラー駐日大使は同作品の門出を祝し、オーストラリア大使館にて出版記念会を開催しました。

『Remembering Babylon』は、賞金額の大きさで知られる第1回国際IMPACダブリン文学賞をはじめ、優れた英仏翻訳小説に贈られるフランスのボードレール賞 (Prix Baudelaire) やロサンゼルス・タイムズ文学賞(最優秀長編賞)など国際的な賞を多数受賞しており、世界的に権威のあるイギリスのブッカー賞や、オーストラリアで最も著 名な文学賞であるマイルズ・フランクリン賞の最終候補作品にも選出されています。

詳しくはこちら
ABCラジオ番組:Books and Arts Daily - Australian Literature in Translation(英語)