Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

豪日交流基金 ロゴ掲載に関するスタイルガイド

 

ロゴの使用

豪日交流基金の助成金プログラム受賞者および承認を受けた団体のみが、豪日交流基金のロゴを使用することができる。ロゴは、紙媒体や電子媒体(インターネット等)のほか、看板、チームユニフォーム等にも使用可能である。

受賞者は助成を受けた事業に係る広報宣伝(ウェブサイト掲載含む)・販促物に豪日交流基金の助成を受けている旨を明記し、ロゴ掲載をする義務がある。ロゴと一緒に挿入する文言は以下が望ましい:

『プロジェクト名を入力』は豪日交流基金によりオーストラリア政府 外務貿易省の助成を受けています。

 

ロゴの構成

ロゴは、?オーストラリアの国章と?豪日交流基金のロゴタイプ(”Australia-Japan Foundation”や”豪日交流基金"の連字活字)およびマークによって成り立っている。国章とロゴタイプおよびマークが連結され、はじめて「豪日交流基金のロゴ」となるため、?と?を引き離しての使用は認められていない。更にマークはロゴタイプ(”Australia-Japan Foundation”/”豪日交流基金”)とともに使用する必要がある。

ロゴには、縦長及び横長の2タイプが存在する。この2タイプとは相違するような形での、各パーツ(国章・ロゴタイプ・マーク)の位置の改訂は認められていない。

ロゴは他のテキストや図案と重なってはならない。

 

ロゴのサイズ

オーストラリアの国章の細部も認識されるよう、ロゴ内にある国章の横幅は20mm以上でなければならない。ロゴは他のロゴ、文言、図案からは別と認識できるよう、一定の距離(国章と”Australian Government” の文言の間にある空白以上)をおいて掲載されるべきである。

ロゴの拡大・縮小は元の縦横比に従って行なわれる必要がある。縦横比は変更し、引き伸ばしてはならない。?国章と?ロゴタイプおよびマークの両者は同じ大きさでなければならない。

 

Logo and crest

 

ロゴのフォント

”Australian Government”の文言はTimes New Roman の太字でなければならない。日本語については、MS UIゴシックかそれに類似するフォントでなければならない。

 

使用する色

豪日交流基金のロゴは黒とオレンジ(Pantone 158 CVC)であるが、CMYKおよびRGBの使用も条件を満たせば、認められている。

ロゴは白背景に掲載するか、または反転したロゴを黒、オレンジもしくは暗い色の背景で掲載することができる。1色印刷の場合は、黒ロゴとして掲載するか、もしくは黒・オレンジの背景に白ロゴ(反転)として掲載することが可能である。

ロゴの色彩

Black: Orange: Pantone 158 CVC (spot colour)   Web/HEX Colours:
C 0 C 2   Orange FF6633
M 0 M 62   Black 000000
Y 0 Y 85  
K 100 K 0  
 
R 35 R 239  
G 31 G 126  
B 32 B 60  

 

ダウンロード可能なファイル形式

EPS: 印刷・広告媒体、看板、ユニフォーム等
TIFF: 印刷媒体向け
JPG: ウェブサイト等
GIF:  ウェブサイト等

 

ウェブサイトでのロゴ使用

ロゴはサイズ変更などをせず、そのままご使用ください。また、豪日交流基金のウェブサイトへリンクするようにしてください。

日本語:http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/ajf.html
英語:http://dfat.gov.au/people-to-people/foundations-councils-institutes/australia-japan-foundation/Pages/australia-japan-foundation.aspx

 

その他 注意点

・ロゴにテキストやデザイン要素の追加してはならない。
・ロゴを他のロゴ、テキスト、色などで覆い隠してはならない。
・ロゴを枠で囲んではならない。
・ロゴを切り取ったり、一部だけ掲載したり、ページをまたがっての掲載をしてはならない。

 

ロゴ使用に関するお問い合わせ先

豪日交流基金 東京事務局 Eメールアドレス: ajf.japan@dfat.gov.au
電話番号:03-5232-4144

   

ロゴのダウンロード

 

ロゴのダウンロードは英語のサイトにお進めください。→ Style Guide and Logos