Australian Embassy Tokyo
在日オーストラリア大使館

Twitter@AusAmbJPをツイッターでフォローする

NAIDOC Week

2016年7月4日

 

オーストラリアでは、2016年7月3日から10日までNAIDOC(ナイドック)ウィークを祝います。NAIDOCは、「全国アボリジニ及び諸島民の日遵守委員会(National Aborigines and Islanders Day Observance Committee)」の頭文字をとったものです。1920年代に先住民の権利を確立するために始まった活動を起源としています。

NAIDOCウィークとは、オーストラリア全土で毎年7月に開催される年に一度の国家的イベントで、アボリジニとトレス海峡諸島民の歴史や文化、功績を称える週のことです。現在、先住民のコミュニティーのみならず、政府機関や、学校、職場、地方自治体などで多くの人々がNAIDOCウィークを祝います。

2016年のテーマは『Songlines: The living narrative of our nation(ソングライン: 先祖から語り継がれる物語)』です。

アボリジニとトレス海峡諸島民の人々にとって、ドリームタイムは先祖の精霊によって大地や人々、動物が創造された時代を意味します。先祖の精霊は「歌」によって大地に生命を吹き込み、その物語はドリーミング(神話)としてオーストラリア全土に語り継がれたことから、「ソングライン」とも呼ばれます。

今年初め、シンガーソングライターの福山雅治さんが、ソングラインをテーマにしたNHKのドキュメンタリーシリーズの一環でノーザンテリトリーのアーネムランドを旅しました。滞在中、福山さんは歌や踊りを通じて先住民のコミュニティーと交流し、音楽の力が文化の違いを乗り越えることを示しました。

日本国内では、「ワンロード: 現代アボリジニ・アートの世界」が国立民族学博物館(7月19日まで)、香川県立ミュージアム(8月6日?9月19日)、市原湖畔美術館(10月1日?2017年1月9日)、釧路市立美術館(2017年4月7日?5月7日)で開催されます。オーストラリア西部の砂漠地帯を縦断する一本道(ワンロード)、キャニング牛追い(ストック)ルートの歴史を、アボリジニ自らがたどり直す過程で描いていった絵画を中心に展示しています。詳細は、展示会の公式ウェブサイトをご覧ください。ぜひ、お近くの会場に足をお運びください。

 

最新ニュース

ターンブル新内閣の発足に伴い、閣僚名簿を更新

2016年7月19日

ターンブル新内閣の発足に伴い、閣僚名簿を更新しました。

PDF版の閣僚名簿はこちらをクリック